東芝デジタルエンジニアリング株式会社

需給調整・在庫適正化ソリューション「φ-Pilot Series」

需給調整業務を変える! 経営が変わる!

需給調整・在庫適正化ソリューション「φ-Pilot Series」

適正在庫の維持

適正在庫の維持

適正在庫の維持

業務プロセス改革

適正在庫の維持

属人化の解消

需給調整・在庫適正化ソリューション「φ-Pilot Series」とは?

需給・在庫の適正コントロールに特化した
「業務支援型」ソリューションです。
製造業における主要課題である需給調整・在庫管理業務のスピードアップと精度向上を支援します。

製造業においては、「何を・いくつ・いつまでに生産するか?」という予測と計画は重要な業務です。
「φ-Pilot Series」は、合理的ロジックと高速演算により、予測値を算出し、計画立案を支援します。

また同時に、刻々と変化する市場の需要に対しては、需給バランスの異常をキャッチし、迅速に対処する必要があります。
「φ-Pilot Series」は、異常アラートやデータの可視化により、需給調整ご担当者様の迅速な判断を促し、需給の適正化に貢献します。

需給調整業務におけるよくある課題

  • 生産計画用の販売需要量を複数担当者毎にExcel管理のため、リアルタイムな在庫管理ができていない
  • 需要予測(出荷予測)の精度が悪い為、適正在庫の維持ができてない
  • 特売・キャンペーンや受注予定の管理が手作業になっているため関係部門への情報伝達に時間が掛かっている
  • 出荷予測と実績のズレを早期にキャッチできていない
  • 需給バランス(予定在庫)の点検・監視はExcelで行っているためExcel管理者の負担が大きい
  • 各倉庫の在庫で過不足が多々発生し、無駄な移動コストがかかっている

常に余剰在庫が多く、在庫回転率が悪い、管理コストも増加傾向...
在庫切れや欠品事故も頻繁に発生、売上の機会損失、顧客の信頼失墜に...

それらの課題
φ-Pilot Seriesで解決できます!

  • 会社レベル
    予定在庫の適正化

    欠品、過剰在庫を予防します。

    未来の在庫異常を未然に防止することで、欠品による販売機会損失やサービス低下を防ぎます。また、在庫の過剰化を回避することで、キャッシュフローの改善に貢献します。

  • 部門レベル
    部門間のシームレスな業務連携

    販売部門、製造部門などの部門間のデータ共有を支援します。

    データの一元化により、部門間で共有・確認ができることで、シームレスな業務連携ができます。

  • 業務レベル
    個人依存型業務から標準化へ

    現場における表計算ソフトなどを利用した個人依存型業務から解放します

    業務上の判断が、属人的な判断ではなく、合理的なルールと根拠に基づく判断に変わり、標準化が可能になります。

φ-Pilot Seriesで需給調整の課題を解決する3つの特長

需給調整・在庫適正化ソリューション「φ-Pilot Series」には、
以下の特長があります。

業務革新を実現する「φ-Pilot Series」全体構成

需給調整に関わる情報は、基幹システムの管理対象外となっていることが多く、現場のご担当者様が表計算ソフトなどを用いて個別に管理されているため、業務の負担となっています。 また、情報の迅速な共有、ワークシェアリング、問題発生時の検証作業が阻害されるなど、様々な課題も引き起こします。

「φ-Pilot Series」は、効率的で効果的な需給調整を行なうことを主目的としたシステム機能により、人が工夫せざるを得なかった業務領域を、アラート・可視化・シミュレーションで改善し、情報共有と迅速判断、業務標準化を実現します。

業務革新を実現する「φ-Pilot」全体構成

需給調整・在庫適正化ソリューション「φ-Pilot Series」構成

「φ-Pilot Series」は、需給調整に関連する機能を「機能モジュール」として提供します。 現場のニーズに応じて「機能モジュール」を組み合わせて利用できるだけでなく、ERP などの既存システムに柔軟に組み込むことが可能です。

「φ-Pilot Series」は、需給調整業務の PSI (販売計画 Sales・在庫計画 Inventory・補充計画 Production) 計画の調整を支援します。 PDCA サイクルの中で、必要な業務機能を論理的に整理・統合し、この PDCA を「φ-Pilot Series」の機能モジュールに集約しています。

需給調整・在庫適正化ソリューション
「φ-Pilot Series」で
需給調整業務の課題を解決しませんか?

自社の業務に必要なモジュール組み合わせて使える機能ラインナップ

「φ-Pilot Series」は、需給調整や在庫適正化を支援する以下の機能を提供しています。
お客様の業種業務内容や優先すべき課題を解決する機能を組み合わせて導入できます。

コラム「需要予測」

PSI計画においては、需要予測の精度が高ければ、本来、需給調整業務はさほど難しいものではないかもしれません。しかし実際には、AIを駆使しても、気象変動、災害、景気、し好などの変化で予測精度を高めることは困難です。

φ-Pilot Seriesでは、需要予測の精度だけでは適正在庫の維持は難しく、予測に対して予実の差異が発生することが必然的であると考えています。現在だけでなく将来まで含めた予実差異をシステムで監視し、いち早く察知してコントロールすることで在庫適正化に貢献します。

コラム「基準在庫日数方式」

φーPilot Seriesの生産需要量計算は、販売計画で立案した未来の出荷予定の「在庫日数」に連動して計算しています。従って、在庫の安全分に相当する量は出荷予測量に応じて自動的に調整されることになります。

すなわち、出荷予測量が多ければ安全分は多くなり、出荷予測量が少なければ生産需要量に含まれる在庫の安全分も少なくなります。

発注点法など在庫の安全分を絶対値で制御する場合は、その設定値を定期的に見直す必要がありますが、「基準在庫日数方式」で運用することで頻繁なメンテナンスは不要になります。

自社の業務に必要なモジュールがわかる!
無料デモで確認してみませんか?

φ-Pilot Series導入により業務革新取り組まれたお客様事例

需給調整・在庫適正化ソリューション「φ-Pilot Series」は製造業、卸売業、流通サービス業など生産財/消費財問わず幅広い企業様で利用されています。

食品製造業
情報の一元化で業務プロセス改善を実現

食品製造業:情報の一元化で業務プロセス改善を実現
課題
  • 需給調整に必要な情報がExcelで管理されていて一部の人しか操作ができないため、緊急対応時に業務が止まってしまうリスクがあった
  • 情報が断片化されていて必要な情報がすぐに取り出せないため、計画変更などの判断が遅れてしまう
  • 在庫予測が難しく不要な生産や倉庫間の在庫移動がたびたび発生しているため、適正な在庫計画を行いたい
解決・効果
  • φ-Pilot Series導入により、"生販在"情報を一元化したことで属人化の解消や業務プロセス改善が実現できた
  • φ-Pilot Seriesの自動予測の仕組みを利用することで在庫バランスの精度が向上し、キャッシュフロー改善につながった

半導体製造業
適正な在庫把握と業務の見直しで属人化を解消

食品製造業:情報の一元化で業務プロセス改善を実現
課題
  • 欠品を恐れて過剰に発注を繰り返し、滞留・死蔵在庫が増え無駄なコストがかかっている
  • 管理品目数が多く在庫補充計画がベテラン担当者任せになっているため、負荷分散したい
解決・効果
  • φ-Pilot Series導入により、在庫計画から発注タイミングが適正におこなえる
  • φ-Pilot Seriesの標準機能の利用を業務ルールとして定着させることで、ベテラン担当者以外も在庫補充業務がおこなえるようになった

流通サービス業
適正在庫コントロールを前提とした発注業務の自動化を実現

食品製造業:情報の一元化で業務プロセス改善を実現
課題
  • 需要予測の調整が担当依存のため、業務共有が難しく融通が利かない
  • 発注業務の人的判断(点検、調整)に時間が掛かり過ぎて、手間がかかる
  • 倉庫キャパシティなどの制約が多く、倉庫間の在庫バランスをコントロールするのが困難になっている
解決・効果
  • φ-Pilot Series導入により、属人化した業務の標準化を実現した
  • φ-Pilot Seriesの発注計算の自動化の仕組みを利用することで、発注業務の効率化が実現できた
  • φ-Pilot Seriesの在庫バランス機能により予定在庫の異常が監視できるため、人的コントロールが削減した

経験豊富な当社エンジニアが貴社の課題を丁寧にお聞きします。
お気軽にご相談ください。

よくあるご質問

質問をクリックすると、その回答が表示されます。

リーフレットのダウンロードはこちら

「φ-Conductor Series / φ-Pilot Series」
[PDF/1.22MB]

お気軽にお問い合わせください。