東芝デジタルエンジニアリング株式会社

社長メッセージ

東芝デジタルエンジニアリング株式会社 取締役社長 島田顕司

東芝デジタルエンジニアリング株式会社は、東芝グループのインフラサービスを推進し、データサービスの中核的な使命を果たすため、2021年に東芝グループのソフトウェア開発を展開する3社を統合して設立されました。旧3社の事業を継続しながらも、当社が保有する事業リソースと高い技術力で上流工程からの開発を目指し、競争力を強化してまいりました。

2023年4月からは、業務プロセスや社内システムを統合し、新たに3つの事業を柱とした組織再編を行い、よりスケールメリットを活かし、効果的にシナジーを発揮できる会社に生まれ変わりました。

現在、ビジネス潮流が激変する中、企業においてはデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革が求められ、デジタル技術の活用が不可欠になっています。特にAIやIoT、クラウドの技術は急速に進化が進み、ビジネスへの活用も大きく進んでいます。
一方で、高度化するサイバーセキュリティや企業の信頼を失墜させる情報漏洩など、企業におけるセキュリティ対策も従来以上に必要性が増しています。

当社はエンジニアリング会社としてお客様のDX戦略を支援し、デジタル技術を活用したソリューションの提供により一層取り組んでまいります。情報セキュリティと業務効率化を支えつつ、AIやIoTを活用した革新的なサービス開発にも積極的に取り組み、お客様のビジネス拡大に貢献してまいります。

今後も、お客様のさまざまな業務課題をデジタルの力で解決すべく、引き続き努力してまいります。何卒変わらぬご支援とご愛顧を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

2023年5月

東芝デジタルエンジニアリング株式会社
取締役社長 島田 顕司

お気軽にお問い合わせください。