東芝デジタルエンジニアリング株式会社

施設の利用受付と鍵受け渡しの無人化を実現「TQSPassport® Check-in」

TQSPassport Check-in

「TQSPassport® Check-in」は、施設予約システムと連携し、施設の利用受付と鍵の受け渡しを無人で実現するシステムです。施設の受付スタッフを配置することなく鍵の受け渡しができるため、施設管理業務の効率化を実現し、感染症対策にも有効な手段となります。

スマートロックを導入せずに既存の鍵をそのまま使用するため、レンタルスペース、公共施設、宿泊施設などにおいて、ドアノブの交換工事をすることなく導入することができます。

遠隔・オンラインの鍵管理で 利用者の利便性向上と施設運営の効率化を両立

  • 人材不足対応

    人件費削減
    施設の現地受付スタッフの配置が不要となるため、人材不足に対応します。
  • 施設管理業務の効率化

    人件費削減
    施設予約システム/無人受付機と連携し、複数施設の予約/稼働状況を同時にリモート管理することができるため、施設管理業務の効率化を実現します。
  • 接触タイミングを減らし利用者の不安を解消

    人件費削減
    受付スタッフの無人化により非接触で施設利用者の受付を実現。施設利用者と受付スタッフ間の感染リスクを下げることができます。
  • ドアノブの交換工事が不要

    人件費削減
    スマートロックを導入せずに既存の鍵をそのまま使用するため、ドアノブの交換工事をすることなく導入することができます。また、1つの施設内で多数の鍵を管理する場合の導入コストを抑えることができます。

施設管理者と利用者をつなぐ新しい鍵管理システム

TQSPassport Check-in で施設の利用受付と鍵受け渡しの無人化を実現します。

TQSPassport Check-in 概要図
  • 鍵貸出 通知メールの自動送信

    利用者に対し、鍵貸出 通知メールを自動送信します。
    メールには、鍵の貸出で必要となるQRコードが添付されます。

    鍵貸出 通知メール例
    鍵貸出 通知メール例
  • QRコード+暗証番号入力による、鍵の貸出/返却

    施設利用当日、利用者は施設内にある無人受付機にQRコードをかざし、暗証番号を入手します。キーボックスに暗証番号を入力することで、予約しておいた施設の鍵を受け取ることができます。

    鍵の返却時も同様に、暗証番号を入力してキーボックスに鍵を返却します。

    無人受付機
    無人受付機
    キーボックス
    キーボックス
  • 音声で利用者の問い合わせに対応

    利用者からの問い合わせは、無人受付機のタッチパネルディスプレイから施設管理スタッフを呼び出して、音声で対応することができます。

  • 鍵の貸出/返却と利用開始/終了の手続きが連動

    鍵の貸出操作と施設の利用開始の手続きを同時に行うことができます。
    施設利用終了時も、鍵を返却するだけで施設利用終了の手続きが完了するので、利便性が向上します。

  • 未返却の鍵の返却依頼は自動メールでフォロー

    施設の利用期限が過ぎても鍵が未返却だった場合、当該利用者に対し返却依頼メールを自動送信します。
    また、次の利用者に対しスペアキーを使用する運用に切り替えることができます。

  • 誰にでも使いやすい画面操作

    施設を利用するさまざまな年代の利用者が使いやすい画面設計。
    マニュアルがなくても画面の指示に従ってかんたんに操作ができます。

システム構成

TQSPassport Check-in システム構成

本システムには施設予約システムは含まれておりません。
本システムと施設予約システムの連携はオプションでの対応となります。

関連ソリューション

当社では、オフィスビルや工場における訪問者の受付管理システム「TQSPassport Reception」をご用意しています。詳細につきましては、こちらからご覧ください。

受付業務の効率化とセキュリティの向上を実現
訪問者受付管理システム「TQSPassport® Reception」

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く