東芝デジタルエンジニアリング株式会社

RFIDスモールスタートサービス
「RFIDの優位性」

RFIDの優位性

RFIDは、バーコードとの比較において、特に「検索性」「読み取り特性」に優れています。
使用環境を選ばずどこでも利用することができるため、利便性や業務効率が求められるシーンでの要求に応えることができます。

表は左右にスクロールできます
RFIDとバーコードの比較
RFIDリーダー

RFID

バーコードリーダー

バーコード

検索性
  • タグを探す必要が無く、かざすだけ
  • 特定のタグを検索することもできる
  • バーコードの貼り付け箇所を探して
    スキャンする必要がある
  • 特定のバーコードを検索できない
×
読み取り特性
  • 複数・一括読み取りが可能で、作業スピードが
    早い
  • 箱の中の見えない部分でも読み取りできる
  • 通信距離が長く、数メートル先の読み取りが
    できる
  • 書き込みができるので、タグの再利用ができる
  • タグが汚れていても読み取りできる
  • 1つずつ目視するため、作業スピードが遅い
  • 箱の中の見えない部分は読み取りできない
  • 通信距離が短く、数センチ先までしか
    読み取りできない
  • 書き込みができないので、バーコードの
    再利用ができない
  • バーコードが汚れていると、読み取りできない
×
管理/
情報書き込み
  • ユニークコードなので、1つ1つの管理が容易
  • 情報の書き込みが可能なので、
    トラッキングや工程管理ができる
  • セキュリティ対策ができる ※1
  • ユニークコードでの管理に向かない
    (1つ1つ読み取るのが大変)
  • 動的に情報の書き込みができないため、
    トラッキングや工程管理ができない
  • セキュリティ性が低い
×
導入コスト
  • やや高い

※ バーコードとの相対的な比較

  • 安い

※ RFIDとの相対的な比較

導入の手間
  • 届け出が必要なケースがある ※2
  • システム開発を伴う
  • 届け出は不要
  • システム開発を伴うケースが多い

オンライン相談も承ります。
RFIDスモールスタートサービスについてのご質問や詳しい情報はこちらから

お問い合わせはこちら